体のケアには自ら動かしてみること

ダイエットとは直接的に関係はないのですが、姿勢ってすごく重要ですよね。

私の最近の悩みは肩こりなんです。

特に右が酷くって、硬くなっているし、肩を上げたくなる動作をしたくなるんです。

タケシさんがやっている感じ?きっとあの方もそんな肩こりなのでは?

寝るときでも枕をすると力が入ってしまい、意味がない感じ。

枕も外して寝ています。

そして起きたときもがっちり張っているのです。

疲れるわ~。

まあ寝方が横向きになっているのもあるのでしょうが、何とも爽快ではありません。

そこでなんでそんなに肩が痛いのか?え?四十肩?嫌ですよね本当に!

すごく背中や腕の可動域も硬いよんな感じがしたので、ストレッチをしてみました。

腕を柱を利用してテコのようにして伸ばしてみたりすると、痛気持ちいいい?

凝り方固まった筋肉たちが邪魔をしているのかもしれません。

しつこいくらいにやると、肩が痛かったのが減少。

一時的に収まって、肩が筋が伸びて柔らかさが出ていたのです。

やった~!

肩こりの話の続きです。

悩んでいた肩こり、でも1週間前は何ともなく快適だったのです。

それが酷い凝り!そこで普段の姿勢ってやはり大事なんだと思いました。

まず腕の位置がくるってしまっている!

肩こりストレッチでやってみたことで肩甲骨をくっつけるイメージで肩を広げる、これが良かったです。

胸を張る姿勢ですね。

その後、首を前後するのも痛気持ちいいです!そして体が硬いのが実感できます。

本当はこの姿勢が本来かもしれませんが、私の姿勢は前傾姿勢で、猫背だったのだと実感できました。

楽な姿勢をして生活をしていたから余計なところに負担がかかり、

そして腹筋も使わずに猫背でなんでもしていたのでしょう。

今パソコンに向かっている姿勢は、肩甲骨をくっつけた後の背筋が伸びた姿勢です。

普段は背中が曲がっていました。

雲泥の差です。

これだけ差が出れば意識して使っている筋肉も変わってきます。

もしかすると、筋肉の着きも変わって見た目がきれいに変化するかもしれませんね。

肩こりの悩みから姿勢の改善。姿見で横の姿勢をチェック!

急にくる体の凝り!季節や体調、体のゆがみ、

普段の生活習慣の姿勢などが組み合わさって起こる症状なんだと思います。

あるとき急に悲鳴を起こすかのような、症状。

苦しいですね。

そういえば旦那さんから「右肩があがっているわ」と指摘されていました。

まっすぐ立っている気持ちだったのに。

自分を姿見で横からチェックすると、肩は横中心より前によっているし、

それに伴い背中は丸く、膝もまげている感じが普段の姿勢でした。

恐ろしい!だって老人ぽい立ち方だったから!普段立ち仕事をしていますが、

自分にとって楽な姿勢の癖がついていました。

それが老人立ち!何が悪いかというと猫背。

肩を正常な位置に戻すには胸を張る姿勢に肩を戻すこと。

するとおへその位置も上がって膝が曲がらないようになりました。

私の場合は胸を張っていない姿勢から来ているみたい。

たまに肩甲骨をくっつける動作も行ってストレッチ。

ダイエットには体の姿勢も大事ですね。

狂った姿勢では運動しても体痛めちゃいます。

肩甲骨を意識したダイエット、リバイバル!

肩こりから背中の姿勢も勉強させられた私。

そういえば肩甲骨ダイエットってはやっていたよね。

流行がどんどん流れていくから、良いものも置き去りに忘れられるのが現代ですね。

肩甲骨あたりには褐色筋肉が集まっていて、普段使われていない底の筋肉を鍛えることで、

筋肉量が増えて、脂肪燃焼効果が期待できる、ということですね。

肩こりから背中の筋肉や姿勢を気にしだして、このダイエットの重要性を再度認識しました。

これをすることで痩せやすい体に近づくし、姿勢も気にすることができるから、一石二鳥ですね。

でも急な体の変化は硬くなった体にはストレスがかかります。

別なところが凝ったり、まだ腰痛にもつながります。

やりすぎは禁物。

良い姿勢をしたり、ネコ背にしてみたり慣らしていきます。

でも姿勢を変えたら肩こりが楽になりました。

これは数時間のことです。

悪い位置から良い位置に戻すと、血のめぐりが良くなった感じでぎゅーっと温かい感じがしたもの。

本当ですよ。