朝にフルーツは最強。アサイーに興味深々

朝にフルーツを摂るのは一番良いと聞きました。

フルーツにはビタミンCがはいっていて、生のフルーツは酵素がたくさん。

体の活性酸素には生の酵素が一番良いです。

それに果物に入っている糖分は一日に始まりの脳を使うのに必要な大事な要素です。

そこで興味があるのはアサイーです。

ブラジル原産のアサイーはビタミンはもちろんポリフェノールも豊富なのが魅力です。

ブルーベリーの18倍も入っているのです。

アサイーボウルといえばハワイで流行ったおしゃれな食べ物。

ブドウ類に似た色ですが味はヨーグルトに似た感じ。

他のフルーツやシリアルと共に飾りつけしていただくのが一般的です。

今はアサイーボウルのデザートも販売されているけど、ジュースやアサイーゼリー、スムージーも見かけます。

使いやすいのはジュースタイプでしょうか。

おやつに甘いものを買うのではなく、ビタミンが摂れるものを選んでみるのって大事ですね。

果物が多く出回る季節になったから、たくさんとりたいです。

私のダイエットへの考え方

ダイエットの日記を書き出して、自分の体を少しは気にするようになった私。

昔から食べたいものは食べるし、我慢はしないというのが私でした。

昔は太らない体質だったけど、年齢と共に蓄積されることになっていきました。

自分をあまり直視しない都合の良い私は、人様にどう映っているかはあまり気にせず、

自分では見えない、後ろ姿はかなりやばい状態になっていました。

下半身デブ。

それもおしりが重傷!これをすぐにどうにかすることは大変そう。

でも食べ物は少しずつ気にして、消費できない分はあまり食べてはだめ!

と食欲は少し抑え気味で過ごすようになりました。

食べ過ぎたぶんは必ず残ります。

代謝が落ちてきている年齢に来ているから、過剰摂取は毒です。

普通に食べてお替わりはしない癖がだいぶ付きました。

あとは運動とリミッターが切れたときの食べ過ぎに注意したなければ、というところです。

太った後、痩せると顔や胸のたるみがやばいです。

太るのは年齢を重ねると、リスクが多いようです。

おからを食事に多用して食物繊維豊富!

最近よく食べているのがおからです。

豆腐も高タンパクで低カロリーなのが魅力の食材ですが、おからはその時にできる産物なのです。

大豆は豆腐の前段階は豆乳とおからに分かれますが、おからは残りかすということから、食物繊維がたくさんです。

先日豆腐屋さんに行った時に、サービスでおからをもらったのです。

できたばかりのおからは白くてさらさら。

いるとフライパンでふわふわになります。

これはダイエットによい!すぐに自家製おからを作ってみました。

こんにゃくと人参、シイタケを小さく切って味付け。

さらに出し汁でタレを加えてから、その中に炒ったおからを投入!タレの味を吸ってしっとりとして出来上がり。

ごはんのたくさんのせていただきます。

ごはんにまとわらないと食べ進めませんが、体に良いし、実践中です。

ショップではカレー味のおからも発見。

これも家で作りましたが、おいしかったです。

家族には人気がありませんが、私は続けていきたいです。

肝臓の数値とダイエット

うちの主人は肝臓がちょっと数値が高いのです。

定期健診で引っかかるので、かかりつけ医に相談すると、「脂肪肝だからね。

酒と肝臓の数値は皆このくらい並だから。

少しダイエットしたらぐんと数値も良くなりますよ」といわれました。

脂肪肝は肝臓が脂肪がのった状態。

フォアグラ状態というのでしょうか。

だかダイエットなど、食事や運動を摂り入れれば改善に向かいやすい、ということでした。

肝臓だからお酒の量を減らさないと、と思っていましたが、それだけが治療じゃないのです。

ダイエットすればお酒もやめなくてもいい、と思うと目から鱗です。

しかし油ものが好きな旦那。

どちらにもハードルが高そうです。

おいしいものには糖や脂肪がある、というCMがありますが、本当ですね。

人の満足感は糖の上昇なのでしょうか。

そう思うと原始的な生き物のように思えてきます。

食べたいと思っていたおしゃれなスイーツではなく、糖の上昇が目的だとしたら、、、、。

うちの旦那も糖の上昇させたくて食べていたからこうなった、だったら人間らしいといったら間違えではないのかも?