野菜を多くとるのがダイエットの基本

食生活の改善で少しスッキリした感じがしています。

野菜を多く摂るようにしていましたが、その中でも生野菜に気配りしています。

今までは多く野菜を摂るために加熱してカサを減らして食べることをしていましたが、

生の野菜には酵素がたっぷり。

酵素は体の代謝を上げるのにも大事です。

野菜をいろんな食べ方をすることで食べ応えもでてきますから、

食卓のバリエーションが広がってマンネリ化も防げます。

野菜が多いからか通じも良くって肌の調子もいい感じです。

ただしドレッシングは結構脂が気になるので、ポン酢を使ったり、

自分で手作りドレッシングを作ったりしています。

その時はオリーブオイルに酢などを使っています。

オリーブオイルは体に良い油なので、サラダ油よりも使うようにしています。

少しずつの積み重ねがダイエットにつながるから、

食べ物には気配りをするようにしています。

なかなか体重などの結果にはつながらないのだけど、

気持ちスッキリした感じはあるので続けていきます。

血液型ダイエットに興味を持つ

だいぶん前ですが、血液型であう食材が違うという研究からダイエットにも

応用させた血液型ダイエットというのがブームになりました。

初めて聞いたときにはそんなことあるわけない、と思ったものです。

人は数種類の血液型に当てはまりますが、血液はどれも成分は同じではないということです。

確かに輸血などは相性があります。

人は血液で左右されるということから、消化なども違いがあるということが

研究されたみたいです。

ここまで理論的になると俄然信用してしまう私。

ちょっと自分の血液に合った食べ物を調べてみました。

すると豚肉や鶏肉も避けた方が良い食材となっていました。

近頃肉を食べるとおなかがすっきりしないということもあったので、

消化系にも感じている気がしました。

絶対に食べちゃダメと言っているのではなくて、少ないほうが良い、

と思っている方は無難かも。

でも気にっている食材のトマトが避けた方が良いとなっていたので、ちょっとがっくり。

家庭菜園でも作りまくっているのに。

知れば知るほど興味がわく血液型ダイエット

血液型ダイエットでは血液型によって合っている食材が違うよという話でした。

食材にはどれぞれ栄養素や消化等特徴がありますが、血液型によっても消化、

吸収が違って相性もあるという話です。

小麦は避けた方が良いという、悲しい結果。

私はパンも嫌いじゃないので食べていたいほうなのにガッカリです。

でも体に合わないよ、といわれるなら、食べ過ぎないでおくのもよさそう。

一時はまったアボガド。

これもあっていない食材とのことでした。

トマト、アボガド、パン、全部お気に入りだったのに、なんだか残念。

このとりあわせはおしゃれなサラダのプレートのようですね。

豆腐も意外と合っていなかったし、今まで好んでいたものが結構除外。

でもヨーグルトは良いといっていた。

ごはんも悪くなかったので、主食はパンよりごはんでOKということでした。

私はこれで良くても旦那さんはA型でまた違うので、食べ物は面倒な話に。

旦那さんは肉が良くないということでした。

あんなに肉やチーズも好きなのに全部、体に良くなかったと聞いて、ちょっとショックでした。