未分類

食べ癖が将来の不健康を作用する、ダイエットより大事

食べ癖がついたら治すのに大変です。

三食の食事よりも間食と買い食いは注意が必要だと思います。

三度の食事は母親が管理をしてくれている家庭は多いでしょう。

自分たちにお金を持たされて買い食いをする学生やそれ以上の

年代の人が食べ癖を作ってしまうとなかなか治せないということになります。

カロリーの高いお菓子類を食事時間を気にせずに摂ってしまって、食事がおろそかになるということです。

時間を無視した食べ方はそのうちに夜遅くに食べたり、生活自体を狂わせます。

癖がつくと、これを無性に食べたくなるという風に変わり、間食がイライラの解消に結びついてしまいます。

無性に食べたいと思うものは、ハイカロリー、または甘いものがおおいです。

息子はなにせ夜中のハンバーガーを好んでいる時期がありました。

親としては健康が気になりました。

食べ癖は将来の健康にも大きく作用しています。

ダイエットを飛び越して健康は無視できないですよね。

不健康な食べ癖はなるべくしない方が良いでしょう。

ダイエットと運動の捉え方

ダイエットに運動はやはり欠かせないようです。

カロリーには摂取カロリーと消費カロリーがあります。

摂取は取り込むことで入るカロリー、食事がそれに当たります。

食べ物でカロリーに差はあります。

そして食べ物の量と兼ねあっています。

カロリーの高くておいしいものはたくさんあります。

どれを食べるかで摂取カロリーは大きく変わってきます。

とりこむのは自分です。

食べた分だけ動けばいいんでしょ?と言われればそれまでです。

反対に消費カロリーは使われるカロリーです。

人間が生きていくのに最低限必要なカロリーというのもあります。

寝ている間でもカロリーは消費されます。

そして運動によるカロリー消費もあります。

日常生活を送るにもカロリーは消費されてます。

これ以上に余分なカロリーが残っている場合に体に残ってしまいます。

これが太る事につながっています。

運動はそのためにも必要ですが、毎日コンスタントにしなくても

週に1~2度の息が上がる程度の運動でも同様のダイエット効果があるようです。

美味しいと思うものには訳がある

食べるということは消化吸収されてる事です。

食べたいけど痩せない、みんなそんな思いでいます。

食べた時の満足感と言うのは血液に吸収された糖が脳に届いたということだと思うのです。

人間が「美味しい」と思うのは食べ物が分解吸収された糖だけだけだとしたら、本当にぞっとします。

アルコールが手放せない人はアル中と言いますが、糖の摂取を欲している人もある意味中毒かもしれませんね。

以前きいたことがある話ですが、カレーライスが好きな人はカレーが好きなんじゃなくてご飯の糖を欲しているということ。

カレーはご飯が付き物。

糖に変わるご飯がたくさん食べられるカレーライスは適しているというのです。

またテレビcmでやっていた「美味しいものには糖と油がついている」というフレーズ。

カレーのルーは油脂がたっぷり。

それも合わさって糖の上昇にカレーライスはピッタリ。

そして太りやすいという構造になります。

体にとって満足度の高い食べ物は理由があるということです。

未分類

通勤のウオーキングが理想体重を保っていた

仕事を辞めてプータローになっていた3か月で、体重が5キロ増えてしまっていたことがあります。

自宅で久々にのんびりしていたのと、スイーツをおやつに食べる習慣がついていたのです。

前職は通勤に徒歩25分歩いていたところでした。

これを週で6日やっていたので、知らずのうちに運動をしていたのでしょう。

これがぱたりとなくなったので、体重増加に拍車がかかりました。

通勤の徒歩は散歩とは違う歩き方。

きびきびと歩いていたのでかなりの運動だったようです。

有酸素運動のウオーキングは20分歩くと脂肪を燃焼させる働きが活発になります。

歩いた後で立ち仕事をしていたのでそれなりに効果があったみたいです。

仕事をするには歩くしか方法はなかったから、義務感はありませんでした。

普通のウオーキングだったら弱い自分が出て最悪3日坊主ということもあったかもしれません。

何かを続けるにはしなければならない大きな理由があった方が実現しやすいかもしれません。

客人が来ると増えるスイーツで、ダイエットに支障をきたす

昨日は息子たちが久々に遊びに来ました。

嫁さんと孫連れて、、、。

この人がたが来ると、つい食費が高くついちゃうんですよね。

食事量は多くなるし、急に来るかから出来合い物もを買っちゃう。

そしてスイーツなんかも買っておくかな~、という風です。

私だけでなく娘も会社帰りにミスドのドーナッツ買ってきてくれちゃって、

甘いものが重なっちゃう!その結果、翌日も甘いものが残っていて、喜んで私も食べちゃうのです。

その最終結果はダイエットと正反対の方向に向いているのです。

本当に石が弱い私。

でも食べ物は痛ますのはもったいないし、ドーナッツだってすぐに食べないと湿気るでしょ。

食い意地が張っている私だから仕方ありません。

これではいくらダイエットしようと思っていても何にもなりません。

だからこんな今の私の体型になったんだと思うと不思議はありませんね。

しかしドーナッツのカロリーって本当の恐ろしいですよね。

簡単に400calは行くでしょうね。

カロリーが高い食品の多さに興ざめ

カロリーの高いのが難点なスイーツ。

たくさんありますよね。

少し甘い生地を油で揚げて、砂糖またはチョコがけ等、トッピングが楽しいドーナッツ。

何か掛っていないともう物足りない感じさえしているドーナッツです。

いまはドーナッツ店だけでなくコンビニでもドーナッツ商戦が始まっています。

淹れたてコーヒーと一緒に食べてと言わんばかりにドーナッツに力をいれています。

今はドーナッツに波が来ている感じもしますね。

それにクロワッサンドーナッツというものも出現!クロワッサンというのはバターが練りこんである生地、

それをあげちゃったんですか?チョコがけもあり?

これはもう500cal越えました!

とても美味しいそうだけど、食べて満足感、その後罪悪案って感じですかね。

こんな揚げ菓子ばかり摂取していたら太るどころか病気になっちゃんじゃないですか?と予感させてしまいます。

食べるって取り込む事だから、そのなりの果てを想像するのも必要ですよね。

健康食品ならぬ、不健康食品だったりして。

未分類

サプリメントとのかかわり方

サプリは健康の補助ということで効果をまるきり期待するというのは良くないと思います。

補助ですから、自分のライフスタイルの更生が一番大事だと思います。

体がなまっているようだったら、動いていない証拠。

なるべく体を十分に使う生活に変える!体に肉が付いてきているなら、

食物摂取を気を付ける!代謝が落ちる年代なら食事量や質を見直しする!

サプリはその次に補助として考えるのが一番よさそうです。

たくさん食べてしまうのにサプリで帳消しということはありませんね。

食べたことがなかったことに、という甘い話は人の体にはありませんね。

またサプリも信用のあるものを選んで摂り入れましょう。

様々なところから販売されているサプリ。

サイト上で書き並べられているものの顔が見えない商品は、選ぶ消費者の目も大切です。

安易に口コミだけを信じるのだけではなく、会社の信用性を調べるのも大事だと思います。

効果がないばかりか、体に害のあるものだったら大変なことになります。

自分の体に合った運動

体を動かしてなまった体を何とかしよう!そう思って何を思ったか、はいはい体操。

赤ちゃんのはいはいは全身運動です。

4足歩行の動物も一緒ですね。

全身をまんべんなく使うので普段の生活をしている大人たちもやってみると意外と大変なことに気が付きます。

私もやってみます意外なことに手の甲が痛い。

重たい体を支えることになるからです。

普段腕に当たる動作をしないからだと思います。

こうやって赤ちゃんは体を使って鍛えているんだなとびっくりさせられます。

はいはい運動はどうなったかというと、1日でやめてしまいました。

それは腰が不調になったからです。

はいはいの姿勢が腰部分を反る姿勢で、腰に難のある私には向いていない格好だったのです。

運動は急に思いついたものを始めるとケガにつながることもあります。

なんでも初回から飛ばさないで、自分に合っているか徐々にやることが大事なようです。

思い付きで始めて、日常生活に支障をきたすことだけはしたくないです。

おかゆ生活続行中です

おかゆを食べてダイエットするというのをテレビでみて、実践しています。

おかゆは2~3倍に増えています。

食べるとやわらかいから食べ応えもないためか、ちょっとお替わりをしたくなります。

お替わりとしたとしても1膳の半分のコメの量しか食べていないという感じです。

おかわりしても量も摂っていないし、罪悪感もありません。

多くのダイエットは食事の量を変えて成果を出そうとしています。

こうしなくちゃいけない、とかこうしちゃダメというのは、ストレスがたまるので、リバウンドになっちゃいます。

結果食べ癖が戻っちゃうんです。

人の食欲は飽きが来たりします。

おかゆはごはんだから炭水化物が摂れるので、糖への変化がありますが、量が抑えられているから良いと思います。

おかゆは温かいものだからおなかにも優しいし、水分がおおいので便通も良くなりました。

体の巡りをよくするには温かくて便通の良いものは優秀です。

おかゆは私の生活にはピッタリです。

ダイエットと飲酒

私はそれほどお酒は飲みたいと思わないのですが、旦那の晩酌に付き合ってしまうという弱い心を持っています。

自発ではないけど相手に進められると飲む、そしてつまみを食べる、食べる、食べるという良くない性格なのです。

要は酒好きなんじゃないか?と思われるようですが違います。

酒よりもつまみの量のほうは良くありません。

それにつまみのないようにもよると思います。

一般的につまみは油っぽいものが多いようです。

居酒屋のメニューを見れば傾向はわかります。

唐揚げ、フライドポテト、焼き鳥など油と濃い目の味が目白押しです。

また豆菓子なども衣がついて味があり、ポリポリときりなく食べてしまうことも多いです。

わかっているけどやめられない、悩ましい問題です。

こうなると酒よりもつまみのほうが太る要素を持っているみたいです。

つまみの優等生は枝豆や豆腐など植物性たんぱく質のものが栄養価的にも優れています。

菓子などは袋ごと食べないでお皿に入れて適量を食べるのが理想。

これを守るのが大変なんですがね。。。。

未分類

おかゆダイエットってどう?実践中です

巷で発信しているダイエット法は様々です。

テレビで体験談を交えたダイエット法を自分にできそうなものなら、やってみています。

最近気になったのはおかゆダイエットです。

油っぽい食事ばかり食べておなか周りが太くなった人が挑戦していました。

それが1週間ほどで5キロ痩せたというものでした。

おかゆダイエットの効能は水分を含んだおかゆは便通も良くなるということです。

ダイエットには出るものが不可欠ですね。

おなかを温めるというのも良いらしいです。

なんといってもおかゆは家にあるもので実費ゼロというのが一番の魅力です。

1杯のごはんで3倍くらいになりますので、たくさん食べたとしても普段の量以下になるから、

炭水化物好きには良いと思います。

硬いごはんが好きな人にはなじめないかもしれませんが、

おかゆダイエットはウエイトが気になる人は試してみる価値はありそうです。

私はまだ続けて3日目ですが、変化は見られません。

また報告します。

高齢者でも筋トレは必要

ダイエットには筋肉があるほうが痩せられるというのは知られた話です。

筋肉量が代謝に関係があるからです。

この筋肉は体の中では下半身である足が一番多い部分なのです。

足といえばウオーキングなどが思い浮かびますが、ウオーキングでは筋肉増強には向いていません。

有酸素運動よりも筋肉トレーニングが筋肉作りには必要です。

二つ合わせてすれば最強ですね。

足の筋肉を増やすにはスクワットは欠かせません。

数をこなすよりもじっくりと苦しい位置で止めるイメージで行う方が筋肉にはよいのです。

余談ですが高齢姉妹として脚光を浴びた金さん銀さんは有名ですが、

健康維持のために足の筋トレをしていたというのをテレビで見たことがあります。

高齢者なのでスクワットはとても無理。

そこでうつ伏せで寝ころんで、すねをおしりに付けるように曲げ伸ばしを毎日行って足の筋肉をつけていたのです。

痩せるためでなくても健康のため筋肉は必要なのです。

高齢者は足が不自由で寝たきりになりやすいので、とても必要で簡単な筋トレなのです。

アミノ酸が豊富な黒酢サプリ飲んでいます。

最近黒酢が入ったサプリを飲んでいます。

黒酢には体の調子を整えるアミノ酸が含まれています。

アミノ酸にはいろんな効果が期待できています。

脂肪分解の働きをするアミノ酸もあるからこれを含んだサプリが結構あるんですね。

健康成分が入っているサプリを飲めばこれで痩せられる、ということはなさそうです。

運動とセットでないと効果がないみたいです。

運動しないばかりに痩せるどころか太った人もいました。

動かないで痩せるのは割に合わないようです。

心を鬼にして歩くことを習慣化しなくちゃと思いました。

私は数年前までは通勤に25分歩いていました。

体重今よりも5キロ痩せていて、理想体重でした。

それが退職を機に歩くことが減りました。

ウオーキングをするのは強い気持ちがないと続かないでしょう。

用事があって出かけるというときに眺めの距離を歩くなど、

ついでにできる運動は工夫して継続しやすくするのがよさそうです。

中年に入ると体重は落としやすいのです。

黒酢のサプリ実践中です

黒酢のサプリを飲んで1週間が経過します。

サプリは飲みやすいカプセル状ですが、なにせ飲むのを忘れてしまうのが難点です。

賞味半分の回数でしょうか。

サプリは医薬品でなありませんし、効能としても痩せるとは書いてはありません。

わたしが飲んでいるサプリには黒酢、もろみ、そして山人参となっています。

黒酢にはアミノ酸が多く含まれていますし、山人参にもアミノ酸が入っています。

体の巡りをよくする成分があるなど、説明がありますが、結果はどう、

という明快なことはサプリには書けないようになっています。

痩せるなら買いたい!と思っている私みたいな消費者にはまどろっこしいことになります。

成分だけをネットで調べると痩せる効果はありそうだけど、商品のサイトではぼやかして書いてあるんです。

痩せそうとも書いてありません。

痩せるということは万人に当てはまるわけではないからなのでしょうか。

もしかすると含有しているけど、効果が期待できる量は入っていないのかしら?など疑心暗鬼に陥ってしまいます。